スタッフの言葉

2017年11月15日

先日、契約をしていただけるというお電話をいただきました。

初回相談時にお子様(T君)についていろいろとお話をお聞かせいただき
小学2年生で養護学校に通われていること、問題行動が多いこと
等もお話しいただきました。

その中で、「契約が迷惑になるかも」という内容のことも話されました。

正直なところ、T君ともお会いできていないので判断もできません。
しかし、迷惑になるからお断りすることはこの事業が意味の
ないものではないのいではないか?と思っていました。

翌日、施設見学時にT君を連れてこられました。

確かに、問題行動がありますが初めての場所で不安な状態であるということ
も伺え、落ち着くまでいろいろな教材で遊んでもらいました。
数分が経ち、落ち着きだすと短い時間ですがプログラムを行えました。

利用につながると、T君用にいろいろと工夫していかなければならないと
言うことを考えながらお話を聞いていました。

お帰りの際に、契約書をお渡しして「ご契約いただきたいですが、ご検討
宜しくお願いいたします。その際には契約内容を詳しくご説明いたします。
ご自宅で契約内容に目を通しておいてください。」と言う内容で
お帰りいただきました。

翌日、お電話をいただき「契約したいのですが、迷惑なるかと思って・・・」
と言われてたので、「そんなことはありません。当施設の現状であればT君の支援は
可能です。できるところまでさせていただきます。」とお伝えすると「なかなか契約書
をいただけなかったので、躊躇されているのかと思い少し寂しかったです・・・」
と仰られました。

その言葉を聞いたときに「そんなつもりはない。契約を急ぐ施設と思っていただきたくない。
良く施設を分かったいただいて気に入っていただけるならばご契約させていただきたい。」と思っていました。

そして、スタッフにご契約いただけること、今後の施設としての方針など話合っていました。

スタッフの一人が「お母さん、大変な思いをされていたんでしょうね・・・
他の施設では契約できないところもあったんでしょうね・・・」とポツリ。

あっ!と思いました。

お預かりさせていただく子供さんもことを考えるのは当然のことですが、そこに至るまでの
ご家族の思いに寄り添えていなかった・・・

そして同じスタッフが
「お預かりすることで、私たちのスキルアップにもつながりますよね!」という言葉を聞き、うれしく、うれしくて(^^)

そんなスタッフに囲まれているおもちゃ箱いこまは、ご利用される方たちにも、一緒に働くスタッフにも良い場所だと思いました。

階段用ゲート作成(^^)/

2017年11月9日

朝のスタッフ会議で、施設見学に来られるT君は「階段が好き」との情報から
「階段で遊ぶのは危ないだろう」「最初に階段には登れないように教えよう」
と言うことで、急遽、階段用ゲートを設置することになりました。

既製品では階段に設置できるタイプのゲートが見つからないのでどうしよう?かと
悩んでいましたが、今回を気にDIYすることになりました。

コストを極限まで抑えるために既製品を加工することにしました。

ホームセンターに行き、必要な材料を揃えておもちゃ箱に帰り作業開始。

約2時間余りでゲート設置に至りました。

 

スノコで作ったゲートなかなかの出来栄え(^^♪

ポイントは無くてもよかった、こだわりの取手です!

おもちゃ箱いこまのイメージガール:吉岡スタッフが喜びを爆発させています(*’▽’)

ドミノ・・・できるかな?

2017年11月7日

新しい遊びにドミノが加わりました!

集中力とドミノの駒の配置、そして倒れてもイライラしない精神力を

鍛えるのには打って付けの療育教材( *´艸`)

3歳のKくんには少し難しいかな?っと思っていましたが

楽しそうに遊んでくれています。

本来の遊び方とは違う色並べも自分で考えて

遊びに加えてくれました。

想像力を豊かに育むことにもつながります。

そして、お気に入りのプラレールで締めくくり。

送迎時に少しだけ電車を見に行きました(^^)/

2017年11月2日

利用者のKくんは、電車が大好き。
おもちゃ箱でもプラレールを使って電車を走らせる遊びは夢中になります。
この日は、送迎時にスタッフが電車を見に連れて行ってくれました。  
電車を見る目はキラキラと輝き「あっ!近鉄電車や!」「速いな~!」と
興奮です。

おもちゃ箱の近くにある消防署にも立ち寄り、消防車も見てきました。

療育も良いけど、こんな楽しみもいいですよね(^^♪

おもちゃ箱いこまの電話の「掟」

2017年10月31日

電話の対応はとても大切。
一般企業は、新人研修などで必ずと言うほど
電話対応の研修を行いますよね。
入社して一番最初にする仕事の一つでもある電話対応・・・
本当に大切ですよね。

携帯電話が普及する前は、固定電話で対応していました。

誰からかかってくる分からないし、相手・要件なども
きっちり聞いておかないと母親に叱られる。
施設長が子供のころはそんな環境でした。

しかし、携帯電話の普及で要件は必要な者同士が直接連絡を
行い、自宅に掛る電話は子供に出させない。

こんな時代があって、固定電話の利用は減少しました。
その為、子供が見知らぬ大人と電話を介して会話すること
なく、電話対応という作業はほとんどしなくなりました。

そういったことが原因で、近頃の新入社員は電話をとることに
ストレスを感じて退職してしまう者もいると聞きます。

私たちは、気持ちの良い電話対応を心掛けています。
職員が使用した電話伝言ノートにも意識が感じられます。

この気持ちを忘れないように、続けていきたいと思います(^^)

新しい療育での遊び!

2017年10月26日

スタッフが新しく療育教材を作ってくれました!
磁石を使用した「さかな釣りゲーム」です。

釣ったさかな達の名前や裏に記載している数字を順番に並べて
数字を読みます。

 

 

 

 

 

 

また、洗濯ばさみを使って「指で掴む・挟む場所を考える」を養う教材も追加。

送迎にお越しになったお母さんが洗濯ばさみを使えることに
「洗濯ばさみ使えるようになったん!!すごーい」と驚かれていました。

来るたびにできることが増えていっているのが、スタッフ一同うれしく感じます(^^)

紐通し・・・ハマってくれてます。

2017年10月23日

日ごとに新しい療育教材を仕入れています。
今日は、定番の「紐通し」

両手の扱い方、慎重さ、色形によっては指示を聞く等の
様々な訓練にも関わってきます。
紐通しは奥が深い行為だと思います。

反復した行為を行うことで集中力を養い、空間等の位置を
確認する等の訓練にもなります。
私がやっても、単純な作業ながら楽しくてハマります。
真剣な顔がかわいいです。(加工しないといけないのが残念)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしいお弁当(^^♪

2017年10月19日

児童発達支援は昼食にお弁当を持参していただいています。

おかあさんの愛情いっぱいのお弁当はおいしそうです!

モリモリ食べる姿を見ならがら、スタッフはお腹が鳴っていました( 一一)

手作りの療育おもちゃで遊ぶ。

2017年10月17日

おもちゃ箱いこまでは、療育プログラムに使用するおもちゃを数点手作りしています。

発達状況に応じ必要なおもちゃを用意するときに、必要なものが見つからなかったり、グループ施設で使用している手作りのおもちゃが良いと感じて、参考に作ったりしています。

今回、はじめておもちゃで遊んでもらいまいたが、想像以上に気にって遊んでくれました。手先の器用な子供さんなのですが、楽しそうにしてくれました。

今日は短めの利用だったのですが、帰り際に帰りたくない!と駄々をこねるうれしい反抗をしてくれました ^^

おもちゃを気に入ってくれたのか?スタッフを気にってくれたのか?両方?

施設見学の準備

2017年10月16日

 

待ちに、まった初めてのお問合せ&施設見学!

スタッフみんなで、受け入れの準備をしています。

どんなこのお子さんに来てもらえるのかな?気にっていただけるのか?

そんなことばかりスタッフと話しながら掃除や準備に入りました。


1 5 6 7 8 9 10 11