道具の準備

2017年10月5日

保育士経験のある指導員二人で室内の装飾と支援プログラム用の道具を作成してくれています。完成は流石です。

室内の雰囲気

2017年10月5日

訓練指導室は、室内の大部分が大きな窓になっており、開放感あふれる柔らかな雰囲気を感じるようにしています。

天気の良い日には、太陽で元気になれます。室内にいながら屋外に居るかのような感覚になれます。

職員の紹介

2017年10月5日

 新しいスタッフが加わりました!
まだまだ、新しい施設ですが精一杯子供たちのために頑張ります(^^)

 児童発達支援管理責任者:岩熊 裕子(いわくま ゆうこ) 保育士

 

奈良市内・生駒市内の保育園で約8年の間保育士として勤務していました。趣味は、体を動かすことが好きです。バレーボールやよさこい(踊り)、冬にはスノーボードもします。よさこいは、各地のよさこいイベントで演舞しています。
子どもたちとたくさんかかわりながら、一緒にいろいろと体験していきたいです

 

 

 

 

 指導員:石川 美帆(いしかわ みほ)     保育士

幼稚園教諭を4年間経験し、現在は二人の姉妹の子育て大奮闘中の母です。子どもが何かを発見したり、成長した瞬間のキラキラした瞳が大好きです。キッズヨガ講師の経験も活かし、子ども達とたくさん身体を動かして、一緒に色んな事を見て感じて、たくさんのキラキラの瞬間に立ち会いたいとおもいます♪

 

 

 

 

 

 指導員: 吉岡 優美(よしおか ゆみ)    保育士

2017年4月までの3年間、保育士として現場で働いていました。
子どもの時から保育士になるのが夢だったので、こうして現場で働ける事に毎日嬉しく、やりがいも感じています。
一人ひとりのお子さんの個性や特性を見ながら密に関わっていけたらいいなと思っています。
現場経験も浅く、まだまだ未熟な私ですがアットホームな感じがする「おもちゃ箱いこま」で子ども達とたくさんの発見や経験をして、成長していきたいです( ^∀^)

 

 

 

指導員: 梅田 叔子(うめだ よしこ)    小学校教員免許 

現在、6歳と3歳の2人ノ子育ての真っ最中の母でもあります。
教員免許を所有していますが、教育現場での経験はありません。しかし、おもちゃ箱いこまで子供たちとかかわる中で自分も児童福祉の分野や人間性も一緒に成長できれば良いなと思っています。

おもちゃ箱に来る子供たちは凄く元気な子供が多いです!私も子供たちに負けないように元気いっぱいに頑張りたいと思います(^^)

 

指導員: 桐木 敦子(きりき あつこ) 

男子小学生二人の親で、毎日の子育てに追われています。
現在でも続けている、音楽活動は自分のライフワークとなっています。

音楽大学出身者として、音楽で子供たちの成長に手助けになれるように頑張っていきたいと思います。

まだまだ経験は浅いですが、自分も日々成長できるように子供たちにかかわっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

指導員: 前川 高士(まえかわ たかし) 介護福祉士

スポーツが好きです。そして子供が大好きです。

学生時代から続けているスポーツで培ってきた経験を多くの子供たちに伝え、社会で暮らしやすくなれるような対人コミュニケーションスキルや日常生活の自立に向けた支援が行えるように頑張っていきたいと思います。

 

施設長: 奥野 茂樹(おくの しげき) 

料理・お酒・アウトドアやスポーツが好きです。

子供たちへの関わり方は、その子の将来に大きな影響を与えると考えます。児童発達支援事業では、障がいを持つ子供たちへ関わり、良い影響を与えることを目標に支援の内容や活動計画をスタッフと話し合いながら運営して行きます。

おもちゃ箱いこまの雰囲気を良く保つことが子供たちにとっても良い環境になると思っています。

よくあるご質問

2017年10月5日

よくあるご質問(Q&A)

Q:利用方法はどうすれば?

A:まずは、おもちゃ箱いこまにご連絡ください。受給者証をお持ちでない方は市町村役所へ利用申請を行ってください。(詳細はこちから。)

 

Q:利用金額は?

A:原則として、サービス提供費用の1割ですが、月額負担上限があります。概ね世帯所得が890万円以下のご家庭で4,600円/月の負担金となります。(詳細はこちら。

 

Q:送迎はしてくれますか?

A:送迎は、事業所を中心に30分程度を範囲に設定しています。それ以外はご相談ください。

 

Q:送迎の時間は何時ですか?

A:放課後等デイサービスでは、放課後に各学校で乗車できるように向かいます。児童発達支援では、利用時間に応じた送迎を行います。帰宅時間は17時に事業所を出発して各ご家庭へ送迎を行います。

 

Q:おもちゃ箱いこまではどんなことをしてもらえます?

A:日常生活に適応できるための機能訓練などを中心にプログラムを用意しています。集団・個別で社会性への適応を目指します。また、グループ内の整骨院から柔整師が定期的に訪問を行い、運動機能訓練指導などを行います。

 

 

季節行事

2017年10月5日

季節の行事

1月     初詣で(宝山寺)

2月     節分

3月     ひな祭り・お別れ会

4月     入所お祝い・進級祝い

5月     こどもの日

6月        お楽しみ(^^♪

7月     長期休暇プログラム

8月     長期休暇プログラム

9月     お月見

10月   おもちゃ箱いこまの会

11月    お楽しみ(^^♪

12月      クリスマス会

上記の他に、誕生日会は毎月開催します。

一日の過ごし方

2017年10月5日

 一日の流れ(平日の放課後)

各学年、学校に合わせた下校時刻に送迎車が指定の場所までお迎えにいきます。集団・個別プログラム、宿題、おやつ、屋外活動などで過ごします。 17:00頃~各ご自宅へ向けて送迎車が向かいます。

※天候等により、保護者の方へお迎えをお願いする場合もございます。

 

 一日の流れ(休日・長期休暇)

午前9時半頃~送迎車が自宅へお迎えに伺います。 休校日の運営は午前中~16時までですが、ご家族のご都合に合せた時間でのご利用もご相談ください。 昼食の時間を含んでご利用される場合は、お弁当をご持参ください。(お弁当が無理な場合は昼食負担金のご用意をお願いいたします。) 休校日は、外部からの専門家や講師による知育レッスンや、屋外活動(遊園地や総合商業施設等)の特別活動も行います。(事前にスケジュールをお渡しいたします。)

 

ご利用方法について

2017年10月5日

ご利用申し込み手続きの流れ

「おもちゃ箱いこま」にメール・お電話で見学予約をお願いいたします。児童発達管理責任者との面談・施設見学・プログラム見学を行っていただきます。

 お越しの際は、お子様とご一緒にお越しください。体験入所を兼ねています。

 

受給者証をお持ちでない方は市町村窓口へ利用申請を行ってください。「おもちゃ箱いこま」のご利用には、受給者資格証が必要となります。

市役所・町役場の福祉窓口(介護・保健福祉課)で利用の申請を行ってください。

   ※わからないことなど、何でもお尋ねください。

 

受給者証の交付・利用上限額が決定します。

ご自宅に受給者証が届きましたら、速やかに「おもちゃ箱いこま」までご連絡をください。

 

ご利用される曜日や送迎についてのご相談及び、 個別支援計画をもとに児童発達支援管理者が支援の目標やご希望などをお聞きします。

説明内容を必ずご確認の上、納得いただいてからご契約をお願いしております。

 

「おもちゃ箱いこま」スタッフ一同、皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。

 

おもちゃ箱の想い

2017年10月4日

初めまして!

私たちK-FielDは新事業として、地域で成長過程に不安や問題を抱えているお子様やご家族様の力になりたい、休息の場を与えたいという想いから、この「おもちゃ箱いこま」を設立いたしました。

 

我々のような障害児童が通える事業所が年々増加しております。それはきっと、お子様の成長に何かしら不安があるご家庭が増えているからでしょう。

そのような子ども達は幼少期から人とかかわり社会生活をスムーズに行えるようスキルを身に付けることがとても大切だと言われています。

世間には様々な療育プログラムがありますが、我々「おもちゃ箱いこま」は

お子様が社会性を身に付けていくことを第一

に考え、お子様とご家族のみなさんが社会生活で困ることが少なくなるよう個々に応じた適切な指導を実施して行きます。

 

その為には、

  専門の知識を有した児童発達管理責任者

  現場経験が豊富な保育士

がおもちゃ箱いこまには常駐しています。

 

また、遊びの中で、コミュニケーション能力や集団生活を送ることで生じるストレスをより適切に自己調整が図れるように、個々に応じた指導が大切なプログラムだと考えています。

我々は日ごろから安心できる居場所の提供することで、

ご家族のレスパイトケア(休息)を確保する役割を果たす

ことができると考えています。

近年は共働きのご家庭も増え、また家庭環境も様々で、子育ての悩みを気軽に相談できる場所や信頼できる施設をお望みの方々も少なくありません。

 

おもちゃ箱いこまは、そのように感じられる保護者の方々と思いを共有しながら、ご家庭の問題やストレスを軽減させることを目標にしています。

 

子供たちの成長は私たちの希望です!!

 

「おもちゃ箱いこま」は健やかにのびのびと成長できる!

そんな環境、雰囲気つくりを目指しています。

見学受付のお知らせ

2017年09月28日

平成29年10月より新規オープンします。ご利用希望の方は随時見学を受け付けております。
まずは、お電話にてお気軽にお問合わせください。スタッフ一同お待ちいたしております^^

お問合せ

電話:0743-73-6100

Eメール:ikoma@omochabako.net

 

1 5 6 7 8 9 10