スプーンとピンセットで療育【療育教材】

2018年02月1日

食事の時に道具を使わないKくん。

普段は、ペン等を特に問題なく使えてます。

しかし、食事の時には、どうしても手づかみで食事をすることが多いのが困ります。
お母さんからも改善できればとのご要望です。(^-^;

食事の時に注意しても、なかなか道具を使いながら食事をしてくれません。

そこで、スプーンを使うような習慣をつける、持ち方や対象となるものを視覚で捉えて目的の場所まで運ぶ訓練を行いました。

「ポンポン」と名前を付けた小さな対象物をスプーンやピンセットで移動する。

視覚と指先の感覚の向上と集中力の維持を目的に行います。それと色のついた「ポンポン」に色別に食べ物を連想させることを行いながら楽しんで行ってくれました。

黄色はバナナ。 紫色はブドウ。 ピンク色はイチゴ。 水色はソーダー。 白色はご飯。

課題領域 基礎視知覚・細部視知覚・情緒・視覚運動協応・手先の動き
 
教材のねらい 対応知覚水準・目と手の協応・作業の継続・対応弁別・参照と照合
       適切な道具の選別 道具の使用 

知育菓子でイマジネーションアップ?

2018年01月7日

始動2日目。
お正月休みでまだまだ利用者は少なく、本日は1名でした。

そんな時には、一人に時間を使いないがら支援を出来ます。
小学校の冬休みの宿題を午前中に指導員と一緒にしました。
集中が続くかずに途中で投げ出しながらも、指導員が付き添いながら一つのことに取り組むことを指導します。

昼から往馬神社に初詣の予定でしたが、あいにくの小雨のため予定を変更。
クッキングプログラムに変更しようとしましたが、急な予定変更なので十分な機材をそろえることができずに簡単なお菓子作りをすることになりました。

H君は事前に知育菓子についての情報収集をしており、「これがしたい!」とリクエスト。
クッキングプログラムの目的と似ている部分があるので、知育菓子に決定します。

まずは、お菓子売り場に向かいどのお菓子にするか入念に選びます。

「たのしいお祭り」と言うお菓子に決定(^^)/

早速におもちゃ箱に帰り、お菓子作りをします。

いつもは集中が続かないH君ですが、このプログラムは高い集中力で取り組みます。
興味のあること、好きなことへの集中力は素晴らしい!
H君の興味を伸ばせるかな?っと思います。

そして、1時間程度の作業時間を経て完成(^^)/

チョコバナナ・フライドポテト・りんご飴・焼きトウモロコシなどお祭りの屋台でおなじみのリアルなお菓子が完成しました。
チョコバナナが非常に味がリアルでした(^^ゞ(ちょっといただきました)

物事への集中力を継続させる方法として、こう言ったプログラムも必要かな?と感じました。

カードで療育【療育教材】

2017年12月13日

昨日、本日とトランプやカードを使用した療育を行っています。

トランプは数字の理解、数字の順序など文字や数、比較などの概念の基礎をつくることを狙いにしました。

 数字が苦手で「10」以上は、本人の中に存在しない状態であると考えられ、また数字の序列が完全に理解できておらず、その部分は日常生活を自立するためにも必要な能力だと感じ、トランプ遊びから理解できる支援を行いました。

こだわりが強いK君ですが、スタッフと楽しくトランプを並べながら数字の序列を理解しようとしてくれました。
完全には理解できていないですが、徐々に序列を覚えて行ってくれればと思います。まずは、この療育に苦手意識がつかないように楽しさを覚えてくれればと思っています。

 そして、本日は「絵合わせ」カードを作成して、絵と単語のカードを合わせ物の認識やスタッフとのコミニケーション能力を養うことを目的としました。
好きな乗り物のカードには興味を持って取り組んでくれ、すぐに絵合わせは終了(^^)/

徐々に人数が増えて、療育の種類も増えていき子供たちともたくさん関わり合いながら支援をしていきたいと改めて思いました。

かたはめ【療育教材】

2017年12月11日

施設長が手作りした「かたはめ」を3歳のKくんに実施しました。

全く問題なくスムーズに行うことができました。

当初よりこの領域では、大きな問題はないと判断していましたので
結果は想像通りでした。

教材の狙い以外には、人の話を的確に判断して指示に従うことも含みましたが
この点でも、クリアできていました。

毎回来るたびにいろんなことができるようになっている実感があります。
3歳なので、できないことも多いですが成長は素晴らしいです(^^)

発達水準
Ⅲ水準-知覚運動水準
Ⅳ水準-パターン知覚水準

教材のねらい
 課題領域
基礎視知覚

細部視知覚
知恵
手先の動き

課題区分
視覚的弁別

形を合わせるパターン弁別
形に合わせる対応弁別
細かな部分を見比べる
形を見分ける



リバーシーで対決(^^)/

2017年12月8日

学校からおもちゃ箱に帰ってきて、宿題を済ませた後に楽しみのおやつを食べたH君。
好きなハッピー〇ーンをリクエスト!

少し利用者の増えたおもちゃ箱のお友達と一緒におやつタイム。
H君がKくんに名前を聞いてくれたりと今までになかった雰囲気です。

3歳のKくんにも優しくしてくれ、一緒に遊んでくれました(^^)

お友達が帰った後に、スタッフとガチンコでリバーシー対決です。
この狙いは、集団のコミュニケーション能力と物事の道すじを考えることです。
少し落ち着きがないところもあり、集中力を養うことや、勝つこと、負けることでの感情体験と自己肯定を持つことに狙いを持ちました。

序盤は、まずますの接戦です。外側を囲むようにアドバイスを行いますがなかなか思い通りには勝負は進みません。スタッフからは「外野からヤイヤイ言う人来た!」と邪魔者扱いされながらもH君の勝利のために、持ち合わせる少ない情報提供を行います。
(施設長は昔は強かったですが、今はどうかな?10年前に当時2年生の娘に勝ちました)

勝負はスタッフに軍配が上がりました。(わざと負けても良かったのに・・・(-_-;))

負けても、もう一度したいという言葉が出ていたことは意外でした(^^)

遊びの中で、いろいろと成長行く部分をサポートしていきたいと思います。

ドミノ・・・できるかな?

2017年11月7日

新しい遊びにドミノが加わりました!

集中力とドミノの駒の配置、そして倒れてもイライラしない精神力を

鍛えるのには打って付けの療育教材( *´艸`)

3歳のKくんには少し難しいかな?っと思っていましたが

楽しそうに遊んでくれています。

本来の遊び方とは違う色並べも自分で考えて

遊びに加えてくれました。

想像力を豊かに育むことにもつながります。

そして、お気に入りのプラレールで締めくくり。

新しい療育での遊び!

2017年10月26日

スタッフが新しく療育教材を作ってくれました!
磁石を使用した「さかな釣りゲーム」です。

釣ったさかな達の名前や裏に記載している数字を順番に並べて
数字を読みます。

 

 

 

 

 

 

また、洗濯ばさみを使って「指で掴む・挟む場所を考える」を養う教材も追加。

送迎にお越しになったお母さんが洗濯ばさみを使えることに
「洗濯ばさみ使えるようになったん!!すごーい」と驚かれていました。

来るたびにできることが増えていっているのが、スタッフ一同うれしく感じます(^^)

紐通し・・・ハマってくれてます。

2017年10月23日

日ごとに新しい療育教材を仕入れています。
今日は、定番の「紐通し」

両手の扱い方、慎重さ、色形によっては指示を聞く等の
様々な訓練にも関わってきます。
紐通しは奥が深い行為だと思います。

反復した行為を行うことで集中力を養い、空間等の位置を
確認する等の訓練にもなります。
私がやっても、単純な作業ながら楽しくてハマります。
真剣な顔がかわいいです。(加工しないといけないのが残念)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしいお弁当(^^♪

2017年10月19日

児童発達支援は昼食にお弁当を持参していただいています。

おかあさんの愛情いっぱいのお弁当はおいしそうです!

モリモリ食べる姿を見ならがら、スタッフはお腹が鳴っていました( 一一)

手作りの療育おもちゃで遊ぶ。

2017年10月17日

おもちゃ箱いこまでは、療育プログラムに使用するおもちゃを数点手作りしています。

発達状況に応じ必要なおもちゃを用意するときに、必要なものが見つからなかったり、グループ施設で使用している手作りのおもちゃが良いと感じて、参考に作ったりしています。

今回、はじめておもちゃで遊んでもらいまいたが、想像以上に気にって遊んでくれました。手先の器用な子供さんなのですが、楽しそうにしてくれました。

今日は短めの利用だったのですが、帰り際に帰りたくない!と駄々をこねるうれしい反抗をしてくれました ^^

おもちゃを気に入ってくれたのか?スタッフを気にってくれたのか?両方?


1 2 3 4 5