おもちゃ箱いこまココが違います!

  1. スタッフに経験豊富な保育士が充実(6人の指導員のうち3名が保育士)

  2. 支援級担任経験者が児童発達管理責任者(6人の指導員のうち2名が教員資格)

  3. 全国にネットワークを持っている。だから色々な事案や臨床事案など情報共有できる

  4. 整骨院も経営している会社だからカラダのプロがいる

  5. カラダに大切な栄養や運動の指導をプロの立場から出来る

  6. 医療スタッフのアドバイスが受けれる

おもちゃ箱いこまからのお知らせ

最新のブログ記事

  • 2017/12/15

    クッキングリハーサル(^^)/

    今日は、「おもちゃ箱いこま」で初のイベント「ベビーカステラクッキング」のリハサールをしました。子供たちと楽 […]

    おもちゃ箱について

  • 2017/12/13

    カードで療育【療育教材】

    昨日、本日とトランプやカードを使用した療育を行っています。 トランプは数字の理解、数字の順序など文字や数、 […]

    療育の様子

  • 2017/12/11

    かたはめ【療育教材】

    施設長が手作りした「かたはめ」を3歳のKくんに実施しました。 全く問題なくスムーズに行うことができました。 […]

    療育の様子

  • 2017/12/08

    初めての女の子(^^)

    連続投稿です(^^)/ 昨日、初めての女の子が来てくれました。 男の子とは違う雰囲気で、スタッフは少しテン […]

    おもちゃ箱について

  • 2017/12/08

    リバーシーで対決(^^)/

    学校からおもちゃ箱に帰ってきて、宿題を済ませた後に楽しみのおやつを食べたH君。 好きなハッピー〇ーンをリク […]

    療育の様子

  • 2017/12/04

    感覚と運動の高次化論の導入について

    昨日、奈良養護学校の教員の方が施設見学にお越しいただきました。 見学時に、「おもちゃ箱いこま」で使用してい […]

    おもちゃ箱について

全ての記事はこちら

おもちゃ箱とは?

遊び最大の刺激であり成長

家庭生活や学校の授業からは得られない、縛りのない新しい刺激が遊びにはあります。「おもちゃ箱」では「これをしなければいけない」 という決まりはありません。心身ともに開放でき、ストレスや葛藤を調整克服していける環境づくりを目指しています。

発達障害の特徴がみられる児童生徒は年々増加しているとも言われており、この背景は、医療や心理学の進展により障害認定の範囲が広がったことが挙げられます。

また、教育現場では特別支援教育が導入され、一般の学校に在籍する発達障害児は6.5%ともいわれています。

発達障害の特徴がみられる児童生徒には適切なトレーニングを取り入れた遊びや勉強、作業による発達支援を行うことで、 自立や社会順応性が高められるとされています。

お友達と遊んだり、お気に入りのおもちゃを触ったり、学校の宿題を片づけたり…。

時には専門職員が診断用の教材で簡単な心理テストなども行います。

学校休業日には、動物や音楽を取り入れた地域交流型の療育イベントも定期的に行っています。

 

ご家族に必要なレスパイトケア(休息)としての役割

 時代の変化と共に高齢者介護や核家族化といった複雑な家庭も増えてきています。そんな中、子育てをしていく上で、安心して働ける環境の確保も難しくなってきました。おもちゃ箱では発達障害の特徴がみられる児童生徒の放課後の居場所を確保する役割と、更には、悩みの多い子育てを発達支援の専門家とご家族が共有することで、家庭でのストレスをなくすことを目的としています。

また、一時的にケアを代行することでご家族のレスパイト(休息)も担います。

小学生であれば、地域の学童クラブや学童保育に通うことで放課後の居場所が確保されますが、中学校や高校には、そういったサービスが提供されていません。特に、発達障害の特徴がみられる生徒に於いて、思春期である中学生、高校生時期の放課後はとても重要です。

放課後等デイサービスは、学業時と社会生活を繫ぐ位置関係なのです。

児童生徒がやがて社会へ参加する際に身に着けておかなければならないマナーやコミュニケーションの育成も視野に入れた支援を行っています。

 

子供たちの可能性と課題を見出すのが周りの大人たちの課題

放課後等デイサービス「おもちゃ箱」は児童生徒が自由に自分を表現できる場所です。学校では集団行動を学び、家庭では家族のルールに合わせざるを得ません。だからこそ、放課後の居場所ぐらいは自由でなければなりません。遊びを通して子どもの自発性を発見し、本来もっている才能を引き出す支援をしています。

これから社会にでていく上での適応性や集団のマナーを覚えてもらうとともに、たくさんの人の愛情を受け取ってもらうのが目的です。

障がいの有無に関わらず、すべての子どもが自立し、のびやかに育つ環境づくりを目指しています。