職員の紹介

2017年10月5日

 新しいスタッフが加わりました!
まだまだ、新しい施設ですが精一杯子供たちのために頑張ります(^^)

 児童発達支援管理責任者:川端 知美(かわばた ともみ) 小・中・高教員資格

家庭では中学生の子ども2人の母であり、子育てを通して自分も悩んだり笑ったり・・・。毎日忙しく生活しています。

中高等学校の保健体育教師を経験し、子育てを一段落させてからは小学校で教師生活を送っていました。特別支援学級の担任を経験し、この度「おもちゃ箱いこま」の児童発達支援管理責任者としてスタッフに加わりました。

 「おもちゃ箱いこま」では、小学校や中学校で現場での経験を生かし、子どもさんに今必要な学習方法や困っていることを考え、問題解決に臨んでいきたいと思います。

保護者の方とも親の立場として、また学校という社会の中で「子育て」を中心に話ができればよいと考えています。

 

 指導員: 岩熊 裕子(いわくま ゆうこ)   保育士

奈良市内・生駒市内の保育園で約8年の間保育士として勤務していました。趣味は、体を動かすことが好きです。バレーボールやよさこい(踊り)、冬にはスノーボードもします。よさこいは、各地のよさこいイベントで演舞しています。
子どもたちとたくさんかかわりながら、一緒にいろいろと体験していきたいです

 

 

 

 

 指導員:石川 美帆(いしかわ みほ)     保育士

幼稚園教諭を4年間経験し、現在は二人の姉妹の子育て大奮闘中の母です。子どもが何かを発見したり、成長した瞬間のキラキラした瞳が大好きです。キッズヨガ講師の経験も活かし、子ども達とたくさん身体を動かして、一緒に色んな事を見て感じて、たくさんのキラキラの瞬間に立ち会いたいとおもいます♪

 

 

 

 

 

 指導員: 吉岡 優美(よしおか ゆみ)    保育士

2017年4月までの3年間、保育士として現場で働いていました。
子どもの時から保育士になるのが夢だったので、こうして現場で働ける事に毎日嬉しく、やりがいも感じています。
一人ひとりのお子さんの個性や特性を見ながら密に関わっていけたらいいなと思っています。
現場経験も浅く、まだまだ未熟な私ですがアットホームな感じがする「おもちゃ箱いこま」で子ども達とたくさんの発見や経験をして、成長していきたいです( ^∀^)

 

 

 

指導員: 梅田 叔子(うめだ よしこ)    小学校教員免許 

現在、6歳と3歳の2人ノ子育ての真っ最中の母でもあります。
教員免許を所有していますが、教育現場での経験はありません。しかし、おもちゃ箱いこまで子供たちとかかわる中で自分も児童福祉の分野や人間性も一緒に成長できれば良いなと思っています。

おもちゃ箱に来る子供たちは凄く元気な子供が多いです!私も子供たちに負けないように元気いっぱいに頑張りたいと思います(^^)

 

施設長: 奥野 茂樹(おくの しげき) 

料理・お酒・アウトドアやスポーツが好きです。

子供たちへの関わり方は、その子の将来に大きな影響を与えると考えます。児童発達支援事業では、障がいを持つ子供たちへ関わり、良い影響を与えることを目標に支援の内容や活動計画をスタッフと話し合いながら運営して行きます。

おもちゃ箱いこまの雰囲気を良く保つことが子供たちにとっても良い環境になると思っています。