公園遊びで大はしゃぎ(^^)/

2018年05月3日

おもちゃ箱いこまのすぐ近くに小さな公園があります。
遊具も程良く設置してあり、十分楽しめます。
天気の良い日には、近くのお友達も遊びに来ています。
最近、公園で遊ぶ子供をあまり見なくなったと感じていましたが
この公園では楽しそうに遊ぶ子供たちを良く見ます。

室内で療育も大切なのですが、外に出ておもちゃ箱いこまの友達とみんなで
遊ぶことも大切だと思います(^^)

 

 

 

 

 

みんなで手をつなぎ、公園に向かいます。



シャボン玉遊びで大はしゃぎ!
素朴な遊びですが、こういう遊びも感性が養えて
良いですね。

黙々としていました(^^)

2018年04月13日

昨日は、男の子ばかりの利用日でした。
みんな元気が良いので施設で大きな声を出して笑ったり、飛び跳ねたりします。
元気が良いのは、悪くは無いんですが周囲のことを少し考えないと・・・

そこで、指導員からみんなにアドバイス!
「大きな声で喋ると、耳が痛くなる人います。飛び跳ねると施設の下で仕事している人に迷惑が掛かるので飛び跳ねるのは止めておこうね。」

その約束が分かってくれたのか、若干静かになったような気がします・・・

そして、黙々と療育課題をこなす子供たち。

指導員も静かに指導ができます。

反対言葉カードも静かに楽しんでくれています。

手先の作業「紐通し」も頑張ってくれます。

落ち着ける環境を整え、集中できるようにすると子供たちはスムーズに取り組んでくれます。

少しづつですがオン・オフの切り替えをできるようになってきました(^^)

今日もベビーカステラ!(リクエストに応えて)

2018年01月17日

今日は、学校が早く終わる日だったのでず~っとリクエストされていた「ベビーカステラ作り」のクッキングプログラムをしました。

まずは、本日のタイムスケージュールの確認。


まずは宿題!いつもならば、時間がかかるのですがこの日はいつもよりスムーズに取り掛かります。

少し気持ちが焦るのか、宿題の記入がザツ!( 一一)
「丁寧に書かないと、学校の先生がなんて書いているか分からないぞ!」って指導します。
渋々書き直し・・
その後も、細かな指導にブゥーっと膨れながらも学校とおもちゃ箱での課題を終わらせ、お楽しみのクッキングです。

(^^)/ヤッター!

トッピングは、こちらもリクエスト通りの食材。
・ウインナー
・チョコレート
・レーズン
・バナナ
・サツマイモ
(前回は、ウインナーが一番人気でした。)
さて、今回は・・・

シンプルにレーズンベビーカステラが堂々の1位でした(^^)

僅差でバナナレーズンでしたが、こちらは少し及びませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

(ピンクの服は、専属モデルの指導員・吉岡です

自主的に調理の準備や順序を考えて行動に結びつけることができるようになってきました。
楽しみの中から、学べることを探していきます(^^)

お誕生日会のケーキ作り(^^)/

2018年01月15日

今日は利用者がいないので、お誕生日会に使用するケーキを作成しています(^^)/

ケーキと言っても、本物ではありません。タオルで作った「タオルケーキ」です!

「タオルケーキ」になったのは、ケーキを食べることよりもローソクを吹き消すことを子供たちが楽しんでくれて、嬉しそうな表情を見れるかな?というところからでした。

何で子供たちを喜ばせることができるのか?スタッフが試行錯誤して考えてくれた結果です。

しかし、そこには必ずホールのケーキが必要・・・毎回ケーキは購入できない。
う~む、どうしよう( 一一)

そして、その結果「タオルケーキ」となりました。

おもちゃ箱いこまのスタッフは本当によく考えてくれました。

制作担当は、吉岡指導員です。専属モデルですから写真を全く嫌がりません。)

制作前からいろいろと調べながら、買い出しに行き材料を揃えました。

より本物に近い感じを出すために、タオルもクリームのようなキメの細やかな素材を選び、
イチゴも真っ赤な美味しそうな大ぶりのイチゴになりました。
ホイップクリームは絞るのが難しく、大変難航しております・・・

おもちゃ箱いこまとしての初めての誕生日会!
それまで、吉岡指導員の創作活動はつづきます・・・

2018始動(^^)/

2018年01月4日

あけましておめでとうございます。
昨年は10月より「おもちゃ箱いこま」のホームページをご覧いただきありがとうございました。今年も様々な活動をアップしていきますのでよろしくお願いいたします。
1月4日より「おもちゃ箱いこま」は仕事始めでした。
正月休みをゆっくりと過ごしたスタッフと久しぶりに再開して、フレッシュな気持ちで仕事に望めました。
子供たちも、お正月は家でゆっくり過ごせたかな?

今日は、利用者2名だったでの「おもちゃ箱いこま」の過ごした方に戻すためにゆっくりした一日にしました。

帰りにT君を電車で送迎!
T君は電車に乗ることはあまり無いようでしたので、落ち着かず・・・
帰りは、好きな川がある道を歩いて帰りました。

やっぱり、子供たちと過ごす時間は楽しかったとしみじみ思いました(^^)

スタッフが作ってくれた七福神の写真を載せます。
皆さんにとって良い年になりますように(^^)/

初めての社会見学【京都鉄道博物館】

2017年12月18日

長期休み前に、おもちゃ箱いこまで初めての社会科見学に行ってきました。
社会見学は多くの人たちの集まる場所でのソーシャルスキルを育くむために企画しました。

・公共交通機関を利用する際のマナー
・集団行動でのマナー

今回は、上記を目的に電車を使って京都市まで行ってきました。
電車では年齢に応じたマナーは体得させることができました。

月曜日で来館者数は程よい人数です。待ち時間などはありませんでした。

11時過ぎに到着して、場内を少し移動しながら運転シュミレーターを発見!

運転シュミレーターを初めは怖がり体験しようとしません。少し怖がっていましたがなれれば運転手気分(^^)
こんなに真剣な表情で物事を取り組むことは見たことがありません。

 

昼食も場内のレストランで静かに食べることができました。

帰りの電車でも車窓からの眺めを見るために、ドア付近を確保!


全く昼寝なしに一日を過ごしました。

この経験がこれからのKくんの役に立ちますように(^^)

クッキングリハーサル(^^)/

2017年12月15日

今日は、「おもちゃ箱いこま」で初のイベント「ベビーカステラクッキング」のリハサールをしました。子供たちと楽しい時間とおいしいベビーカステラを食べるために入念に行いました。
タコ焼き機で作るベビーカステラ。集団で行いながら作った物を食べて感想を話し合う。

ソーシャルスキルトレーニングとして取り入れます

トッピングの具材や焼き時間、どうすれば美味しそうに見えるのか?など実演しながら、子供たちに何を学んでもらえるか?など真剣に取り組みました。
 
※真剣な面持ちでリハーサルを行うスタッフの写真。 ※もちろん遊びではありません。リハーサルです。

チョコバナナ・あんこ・ウインナー・レーズンと具材を試します。

※写真が見やすいように具材を紹介です。

焼き時間・温度は難しかった。


※本当に難しかったんですよ。

出来上がりはこの通り!

好評だったのが、ウインナー!(撮影:スタッフ吉岡指導員)

お昼時間だったので、塩気と甘さのバランスが良かったです(^^)

本番は問題なくできそうです。

初めての女の子(^^)

2017年12月8日

連続投稿です(^^)/
昨日、初めての女の子が来てくれました。
男の子とは違う雰囲気で、スタッフは少しテンションが上がり気味。

どういう療育や関わり方をしたらいいのか、来所前から熱の入った話し合いがありました。
男の子遊び以外は初めてなので、いろいろ考えました。
女の子の好きな遊びは、シルバニアファミリー?リカちゃん風の人形できせかえごっこ?
本格的なおままごと?おはじきや風船遊び?考えてもなかなか浮かびません。

初日は興味はどういうもの物にあるのか?探りながらの関わりでした。
ある程度分かり始めて、一緒に遊びました。
まだ、発育が遅く積極的に動き回りながら行う遊びはできませんので静かに遊ぶことが多かったですが、楽しそうに過ごしてくれました。

利用回数は多くはありませんが、利用時にはできるだけ良い関わりをできるようにスタッフ一同が工夫していきたいと思います。

この写真は、男の子の時にはなかった風景です。
(すごくほのぼのした感じが好きです ^^)

感覚と運動の高次化論の導入について

2017年12月4日

昨日、奈良養護学校の教員の方が施設見学にお越しいただきました。
見学時に、「おもちゃ箱いこま」で使用している療育教材を見ながら、発達水準と教材の
マッチング方法などを教えていただきました。

立ち上げたばかりの施設では教材も少なく、実際に使用もしていない教材が多い中その効果等を具体的にお教えいただけたのは大きな収穫でした。
学校現場でも工夫されていることなど、興味を持ちながら聞ました。

奈良養護学校では療育教材をデータベース化して、アセスメントチェック表で発達水準の数値化を行い、適切な教材の選択をおこなえる取り組みをされているとお聞きしました。
効率的なシステムと感じましたので、テストしながらですがをおもちゃ箱いこまでは導入しようと思っています。

検査ではないので、リラックスした状態の日常動作から点数化することで、普段の状態を発達水準の数値として具体化でき、複数のスタッフでカンファレンスを行いながら書面化できるなど多くのメリットも感じます。

数値化される発達水準は、職員間での情報のやり取りをスムーズに行うためや教材選びの統一化を図れるメリットを感じて導入を検討しています。

人間の能力の数値化・点数化をすることに問題はありませんが、その数字に本来見れるものが
見えなくなることへのデメリットを意識しないといけないと考えます。

未だ導入していませんが、数字ではなく「子供」を見ることを忘れずにいきたいです。

 

チラシ用集合写真

2017年11月17日

チラシ用の集合写真を撮影しました。
11月28日号の「れじおん」さんに掲載していただく写真です。
チラシにはスタッフ写真が載っていれば、読者の方々に雰囲気などが伝わり
見やすくなりますよ!とアドバイスをいただきました。
出勤しているスタッフの集合写真です。まだ、2名のスタッフが待機していくれているのですが、本日は4名のみです。
みんな、いい顔しています(^^)


1 2