初めての社会見学【京都鉄道博物館】

2017年12月18日

長期休み前に、おもちゃ箱いこまで初めての社会科見学に行ってきました。
社会見学は多くの人たちの集まる場所でのソーシャルスキルを育くむために企画しました。

・公共交通機関を利用する際のマナー
・集団行動でのマナー

今回は、上記を目的に電車を使って京都市まで行ってきました。
電車では年齢に応じたマナーは体得させることができました。

月曜日で来館者数は程よい人数です。待ち時間などはありませんでした。

11時過ぎに到着して、場内を少し移動しながら運転シュミレーターを発見!

運転シュミレーターを初めは怖がり体験しようとしません。少し怖がっていましたがなれれば運転手気分(^^)
こんなに真剣な表情で物事を取り組むことは見たことがありません。

 

昼食も場内のレストランで静かに食べることができました。

帰りの電車でも車窓からの眺めを見るために、ドア付近を確保!


全く昼寝なしに一日を過ごしました。

この経験がこれからのKくんの役に立ちますように(^^)

クッキングリハーサル(^^)/

2017年12月15日

今日は、「おもちゃ箱いこま」で初のイベント「ベビーカステラクッキング」のリハサールをしました。子供たちと楽しい時間とおいしいベビーカステラを食べるために入念に行いました。
タコ焼き機で作るベビーカステラ。集団で行いながら作った物を食べて感想を話し合う。

ソーシャルスキルトレーニングとして取り入れます

トッピングの具材や焼き時間、どうすれば美味しそうに見えるのか?など実演しながら、子供たちに何を学んでもらえるか?など真剣に取り組みました。
 
※真剣な面持ちでリハーサルを行うスタッフの写真。 ※もちろん遊びではありません。リハーサルです。

チョコバナナ・あんこ・ウインナー・レーズンと具材を試します。

※写真が見やすいように具材を紹介です。

焼き時間・温度は難しかった。


※本当に難しかったんですよ。

出来上がりはこの通り!

好評だったのが、ウインナー!(撮影:スタッフ吉岡指導員)

お昼時間だったので、塩気と甘さのバランスが良かったです(^^)

本番は問題なくできそうです。

初めての女の子(^^)

2017年12月8日

連続投稿です(^^)/
昨日、初めての女の子が来てくれました。
男の子とは違う雰囲気で、スタッフは少しテンションが上がり気味。

どういう療育や関わり方をしたらいいのか、来所前から熱の入った話し合いがありました。
男の子遊び以外は初めてなので、いろいろ考えました。
女の子の好きな遊びは、シルバニアファミリー?リカちゃん風の人形できせかえごっこ?
本格的なおままごと?おはじきや風船遊び?考えてもなかなか浮かびません。

初日は興味はどういうもの物にあるのか?探りながらの関わりでした。
ある程度分かり始めて、一緒に遊びました。
まだ、発育が遅く積極的に動き回りながら行う遊びはできませんので静かに遊ぶことが多かったですが、楽しそうに過ごしてくれました。

利用回数は多くはありませんが、利用時にはできるだけ良い関わりをできるようにスタッフ一同が工夫していきたいと思います。

この写真は、男の子の時にはなかった風景です。
(すごくほのぼのした感じが好きです ^^)

感覚と運動の高次化論の導入について

2017年12月4日

昨日、奈良養護学校の教員の方が施設見学にお越しいただきました。
見学時に、「おもちゃ箱いこま」で使用している療育教材を見ながら、発達水準と教材の
マッチング方法などを教えていただきました。

立ち上げたばかりの施設では教材も少なく、実際に使用もしていない教材が多い中その効果等を具体的にお教えいただけたのは大きな収穫でした。
学校現場でも工夫されていることなど、興味を持ちながら聞ました。

奈良養護学校では療育教材をデータベース化して、アセスメントチェック表で発達水準の数値化を行い、適切な教材の選択をおこなえる取り組みをされているとお聞きしました。
効率的なシステムと感じましたので、テストしながらですがをおもちゃ箱いこまでは導入しようと思っています。

検査ではないので、リラックスした状態の日常動作から点数化することで、普段の状態を発達水準の数値として具体化でき、複数のスタッフでカンファレンスを行いながら書面化できるなど多くのメリットも感じます。

数値化される発達水準は、職員間での情報のやり取りをスムーズに行うためや教材選びの統一化を図れるメリットを感じて導入を検討しています。

人間の能力の数値化・点数化をすることに問題はありませんが、その数字に本来見れるものが
見えなくなることへのデメリットを意識しないといけないと考えます。

未だ導入していませんが、数字ではなく「子供」を見ることを忘れずにいきたいです。

 

チラシ用集合写真

2017年11月17日

チラシ用の集合写真を撮影しました。
11月28日号の「れじおん」さんに掲載していただく写真です。
チラシにはスタッフ写真が載っていれば、読者の方々に雰囲気などが伝わり
見やすくなりますよ!とアドバイスをいただきました。
出勤しているスタッフの集合写真です。まだ、2名のスタッフが待機していくれているのですが、本日は4名のみです。
みんな、いい顔しています(^^)

スタッフの言葉

2017年11月15日

先日、契約をしていただけるというお電話をいただきました。

初回相談時にお子様(T君)についていろいろとお話をお聞かせいただき
小学2年生で養護学校に通われていること、問題行動が多いこと
等もお話しいただきました。

その中で、「契約が迷惑になるかも」という内容のことも話されました。

正直なところ、T君ともお会いできていないので判断もできません。
しかし、迷惑になるからお断りすることはこの事業が意味の
ないものではないのいではないか?と思っていました。

翌日、施設見学時にT君を連れてこられました。

確かに、問題行動がありますが初めての場所で不安な状態であるということ
も伺え、落ち着くまでいろいろな教材で遊んでもらいました。
数分が経ち、落ち着きだすと短い時間ですがプログラムを行えました。

利用につながると、T君用にいろいろと工夫していかなければならないと
言うことを考えながらお話を聞いていました。

お帰りの際に、契約書をお渡しして「ご契約いただきたいですが、ご検討
宜しくお願いいたします。その際には契約内容を詳しくご説明いたします。
ご自宅で契約内容に目を通しておいてください。」と言う内容で
お帰りいただきました。

翌日、お電話をいただき「契約したいのですが、迷惑なるかと思って・・・」
と言われてたので、「そんなことはありません。当施設の現状であればT君の支援は
可能です。できるところまでさせていただきます。」とお伝えすると「なかなか契約書
をいただけなかったので、躊躇されているのかと思い少し寂しかったです・・・」
と仰られました。

その言葉を聞いたときに「そんなつもりはない。契約を急ぐ施設と思っていただきたくない。
良く施設を分かったいただいて気に入っていただけるならばご契約させていただきたい。」と思っていました。

そして、スタッフにご契約いただけること、今後の施設としての方針など話合っていました。

スタッフの一人が「お母さん、大変な思いをされていたんでしょうね・・・
他の施設では契約できないところもあったんでしょうね・・・」とポツリ。

あっ!と思いました。

お預かりさせていただく子供さんもことを考えるのは当然のことですが、そこに至るまでの
ご家族の思いに寄り添えていなかった・・・

そして同じスタッフが
「お預かりすることで、私たちのスキルアップにもつながりますよね!」という言葉を聞き、うれしく、うれしくて(^^)

そんなスタッフに囲まれているおもちゃ箱いこまは、ご利用される方たちにも、一緒に働くスタッフにも良い場所だと思いました。

送迎時に少しだけ電車を見に行きました(^^)/

2017年11月2日

利用者のKくんは、電車が大好き。
おもちゃ箱でもプラレールを使って電車を走らせる遊びは夢中になります。
この日は、送迎時にスタッフが電車を見に連れて行ってくれました。  
電車を見る目はキラキラと輝き「あっ!近鉄電車や!」「速いな~!」と
興奮です。

おもちゃ箱の近くにある消防署にも立ち寄り、消防車も見てきました。

療育も良いけど、こんな楽しみもいいですよね(^^♪

道具の準備

2017年10月5日

保育士経験のある指導員二人で室内の装飾と支援プログラム用の道具を作成してくれています。完成は流石です。

見学受付のお知らせ

2017年09月28日

平成29年10月より新規オープンします。ご利用希望の方は随時見学を受け付けております。
まずは、お電話にてお気軽にお問合わせください。スタッフ一同お待ちいたしております^^

お問合せ

電話:0743-73-6100

Eメール:ikoma@omochabako.net

 

施設見学に行ってきました(^^)/

2017年09月27日

奈良市内の同事業所に運営勉強で見学にお伺いいたしました。

現場に入らせていただき、雰囲気などの貴重な体験をさせていただきました。

担当していただいたのが、個人的な付き合いのある方だったので仕事の話と

同じぐらいの世間話で長くなってしました。

児童発達・放デイ未経験には良い体験になりました。


1 2